忍者ブログ

ニッスイ イマークSの効果について徹底検証した結果をお届けしています!

 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イマークとイマークSの違いはコレだ!



イマークとイマークSって同じような商品に見えるのですが、
何か違いはあるのでしょうか?


最初に発売したのが、ニッスイの「特定保健食品(トクホ)」のイマークです!
このイマークを使っていた人たちからの声を反映させ、
リニューアルしたのがされたのが「イマークS」です!


★イマークとイマークSの違いはこれ!


イマークとイマークSの容器の違い。
イマークは瓶、イマークSはアルミ缶です。
軽くて持ち運びにも便利になりました!




イマークとイマークSの主な内容物である、
「EPA」と「DHA」の配合量は一緒です。
ゆえに、効果に差はないはずです。


内容物として最も大きな違いは、豆乳を使用しているか、
使用していないかです。

これまでの「イマーク」は、豆乳ベースのため、味や品質の
低下を防ぐため、冷蔵保存が必須だったんです。

でも、それでは持ち歩けないですよね?

ユーザーの「持ち歩けないし、いちいち冷蔵庫に入れるのが
面倒!常温保存できるようにして欲しい」という声が
多かったので、これに対応したイマークSが開発されました。

イマークSは、常温で保存でき、アルミ缶ですので
持ち歩き易いです。

さらに、イマークSはヨーグルト風味がとても飲みやすくなっています。

イマークSを1日1本飲むだけで中性脂肪が約20%低下する
効果が期待できるので、ダイエットにおススメです!!

>>「イマークS」の購入はコチラ<<

イマーク

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。